×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

外国為替 基礎の基礎:FXビギナーズWeb

外国為替 基礎の基礎:FXビギナーズWeb



外国為替 基礎の基礎:FXビギナーズWebは、外国為替に関するあらゆる基礎情報を掲載しているサイトです。
外国為替ってなに? FXって? どのような取引をするの? など、初心者が最初に必要な知識などをわかりやすくお伝えしております。
外国為替 基礎の基礎:FXビギナーズWebが、これから外国為替で資産運用をしてゆこうという方に是非お役に立てれば幸いです。

■目次
外国為替証拠金取引とは
外国為替の基礎知識
外国為替市場
外国為替の資料や運用マニュアル等のご紹介


外国為替証拠金取引とは

外国為替証拠金取引(がいこくかわせしょうこきんとりひき)とは、差益決済による外国通貨の売買を行なう取引のことを言います。 金融派生商品(「デリバティブ」)の1つで、「FX」、「通貨証拠金取引」、「外国為替保証金取引」などとも呼びます。

小額の証拠金(取引額の数%〜10%程度の額。保証金ともいう。)を業者に預託して運用してゆくのが一般的です。
すなわち、外国為替で資産運用することそのものが外国為替証拠金取引だといえます。

外国為替証拠金取引は、商品先物会社、証券会社などで扱われていることが多いです。
本取引は、実際には外国為替相場に関する知識や経験を要するハイリスク・ハイリターンな商品です。

ですので運用にあたっては、取引の仕方、運用のノウハウなど、より具体的な知識が必要となります。

知識、ノウハウを持たずに、ただ始めてみるというのはギャンブルと同じで、非常に危険なことです。
あなたの財産をドブに捨てるようなものになりかねませんので、しっかりとしたノウハウを持って取り組むようにしましょう。



外国為替の基礎知識

外国為替(がいこくかわせ)とは、通貨を異にする国際間の貸借関係を、現金を直接輸送することなく、為替手形や送金小切手などの信用手段によって決済する方法をいいます。 外為と略称されたり、FX(Foreign Exchange)と一般的に呼ばれていたりもします。

必然的に自国通貨と外国通貨とを交換することとなり、その交換比率、すなわち外国為替相場が成立することになります。狭い意味では、外国為替の手段である具体的な外国為替手形や送金小切手のことを指したり、外国為替相場のことを指すこともあります。

かつて日本におきましては、対外為替取引きは許可を受けた場合のみ許されるという閉鎖的な為替取引きでしたが、昭和54年に法律が大きく改正され、外国為替、外国貿易その他の対外取引が自由に行われることを基本とし、対外取引に対し必要最小限の管理又は調整を行うことにより、対外取引の正常な発展、国際収支の均衡及び通貨の安定を図ることが目的とされることとなりました(外国為替及び外国貿易法第1条)。

その結果、支払等や資本取引等が原則として自由とされ、例外的な場合に財務大臣の許可を受けなければならないとしております(外国為替及び外国貿易法第16条〜第25条の2)。

外国為替資金特別会計法第1条により、政府の行う外国為替等(外国為替及び外国貿易法(昭和24年法律第228号)第6条第1項に規定する対外支払手段及び外貨証券並びに外貨債権(外国において又は外貨をもつて支払を受けることができる債権をいう)並びに特別引出権(国際通貨基金協定第15条に規定する特別引出権をいう)並びに対外支払の決済上必要な金銀地金をいう)の売買(国際通貨基金及び国際復興開発銀行への加盟に伴う措置に関する法律(昭和27年法律第191号)第17条の規定による取引を含む)及びこれに伴う取引(国際通貨基金とのその他の取引を含む)を円滑にするために外国為替資金を置き、その運営に関する経理を一般会計と区分して特別に行うため、特別会計が設置されております。



外国為替市場

外国為替取引市場は、外国為替取引が行われる場の総称です。外為市場(がいためしじょう)と略称することもあります。

外国為替市場は、大まかには、外国為替銀行としての対顧客市場も含まれますが、一般にはより狭義に為替銀行間取引が行われる場を指します。

為替銀行の顧客には、商品の輸出入を行う貿易業者を中心に、運賃、保険料、利子・配当金、海外旅行費用などの経常的経済取引や、対外証券投資、対外直接投資、対外貸付け・借入れなど資本取引を行う者があります。

外国貨幣の交換を行う両替商も為替銀行の顧客でする。
為替銀行は、こうした対顧客取引によって生じた外国為替の持高や資金の過不足を調整するため、相互に外国為替の売買を行います。

この為替銀行間の取引を銀行間取引といい、その市場を銀行間市場(インターバンク市場)と言います。

銀行間市場における取引には、外国為替ブローカー経由で行われるものと、為替銀行が相互に直接取引を行う直取引とがありますが、後者は相互に満足する出合いが限られるため、外国為替ブローカー経由取引が圧倒的に多いということが言えます。

銀行間取引は、一地域の市場内にとどまらず、広く他の地域あるいは外国の市場におきましても本支店または外国の取引銀行を通じて活発に行われています。

銀行間市場には、政府・中央銀行も参加しております。
これは、特定の政策目的をもって為替相場に影響を与えるために行われ、この取引は市場介入と呼ばれております。

銀行間取引を大別すると、直物取引、先物取引およびスワップ取引に分かれます。

直物取引
取引の対価の受渡しが原則として取引日の翌々営業日(2営業日目)に行われます。

スワップ取引
直物取引とその反対方向の先物取引、または受渡し日が異なる相互に反対方向の二つの先物取引を同時に同額、同一の相手方と行うものです。

銀行間市場で成り立つ為替相場は、為替銀行の対顧客相場の基準となりますが、貿易業者などはこの対顧客相場をいわば与件としてさまざまな対外取引を行い、そこから生じた外国為替の需給が再び銀行間相場に反映されます。

銀行間市場は、当事者が毎日特定の場所に集合して外国為替の売買を行う取引所がある場合(ドイツ、イタリア、フランスなど) と、電話・ファックス・電子的媒体(コンピューター回線など)で個々に行う取引を総合した抽象的な場を指す場合(ニューヨーク、ロンドン、東京など)に分かれます。

取引所がある国々の銀行間市場でも、取引所取引以外の銀行間取引が活発に行われています。
取引所取引で成立する為替相場は、通常為替銀行の小口の対顧客取引の基準相場となります。

東京外国為替市場(とうきょうがいこくかわせしじょう)は、東京における外国通貨の売買の場です。
東京証券取引所のような特定の場所があるわけではなく、外国為替ブローカーおよび日本の外国為替会計の代理人である日本銀行がその場で外国為替の売買を行うというものです。



外国為替の資料や運用マニュアル等のご紹介

外国為替とはどういったものなのか?ということは、なんとなく上記の説明でご理解されたとは思います。
しかし、だからといってすぐに始められるかというとそうではないとも思われます。
先にもお伝えしたとおり、より具体的な知識やノウハウが初心者には必要です。 こちらでは、スムーズに外国為替証拠金取引を始められるためのあらゆる資料やノウハウマニュアルなどをご紹介しております。

最新ビックバンFX-6★リアル・トレード・バージョン2◆自動切換式トリプルPT+ISL搭載◆最も権威のある学術評価書・E-BOOK白書2006〜2007歴代ベストセラー投資商材★最高評価★『A』獲得!

FX(外国為替証拠金取引)関連ノウハウ無料レポート


最新ビックバンFX-6★リアル・トレード・バージョン2◆自動切換式トリプルPT+ISL搭載◆最も権威のある学術評価書・E-BOOK白書2006〜2007歴代ベストセラー投資商材★最高評価★『A』獲得!


BBS7.COM
MENURNDNEXT